病院

転移は、もう怖くない|がん治療の最前線で戦う

大事にならないための対策

看護師

食道がんは飲酒をすると顔が赤くなる体質の人が発症しやすい傾向にありますので、該当する人は注意が必要です。食道がんは早期発見、早期治療が重要です。早期だと自覚症状がないのですが、内視鏡検査を受ければ、発見できます。ですから、定期的に人間ドッグ等を受けるべきです。

View Detail

厄介な場所に発症する癌

病院

咽頭がんは上部が頭蓋骨付近から下部は食道付近まで広範囲な場所に発症します。手術は進行がんになっている場合に選択される治療法で、放射線治療や抗がん剤治療で治療する形が多くなっています。手術では音声機能を失う場合もあります。

View Detail

悪性度が高いがん

花

胆のうがんは大きな胆石がこの癌を誘発するものと考えられていますが、70歳以上の胆石の人の胆のうがんは年々と少なくなっていることから、高齢になると胆石は関係がないものと言われています。若いころの胆石は注意が必要になってきます。

View Detail

早期発見すれば治る病気

男性

免疫療法によって発生予防

がんには色々な部位に発症しますが、早期発見して治療をすればほとんどが治るようになっています。ただし発見が遅れると手術などで患部を取り除いても、他の臓器に転移する可能性があります。転移したがんというのは最初に発生した部位のがんと同じ種類のもので、他の臓器で再び増殖をするのです。転移の特徴にはリンパの流れによって運ばれる場合、血流に沿って移動する場合などがあります。そのため手術で患部を摘出する場合にはリンパ腺も切除することになります。がんの転移を予防する治療法として注目されているのが、免疫療法です。これは人間の身体に自然に備わっている免疫力を高める治療法で、がんの摘出手術のあとに行われる治療法です。

術後補助療法で予防する

がんの転移や再発を予防するためには、主治医の指示に従って定期的な検査をすることが大切です。もし転移していた場合でも早期に発見できれば治療によって治すことができます。また転移や再発を念頭において先に予防治療することも大事です。これを術後補助療法といいますが、先に述べた免疫療法もその中に含まれます。それ以外にも化学療法があります。これはいわゆる抗がん剤治療ですが副作用が出るので、免疫療法と組み合わせて行われます。また内分泌療法というホルモン療法も効果があります。このように転移がんに対しても治療法が進化していますが、日常生活でのストレス解消や規則正しい生活習慣を保ち、がんの予防になる食生活にすることが大事になります。